セロトニンの元「トリプトファン」はサプリではなく食事で摂るべき!

 

良い睡眠を摂るためには、メラトニンがしっかり分泌されることが大切です。
そのメラトニンの元になるのがセロトニンというホルモンですが、
さらに、そのセロトニンの元となるのがトリプトファンという栄養素です。

 

トリプトファンは様々な食材に含まれています。

 

代表的な物として、以下のようなものがあります。
※ 食材100gあたりに含まれるトリプトファンの量

お米 100mg前後
豆腐 100mg前後
あずき・インゲン豆・納豆 200mg〜250mg
豚肉・鶏肉 250mg前後
鮭・カツオ・マグロ 300mg前後
カシューナッツ・胡麻 350mg前後
大豆 520mg

 

他にも様々な食べ物に含まれていますが、このトリプトファンは、
1日の摂取目安量が体重1kgあたり2mg〜4mgと言われています。
つまり、体重が60kgの人であれば120g〜240gで十分ということです。

 

もちろん、少し多い分には問題ありませんが、上の表をご覧頂くと分かると思いますが、
この量はとても簡単に摂取できます。

 

トリプトファンを摂取できるサプリメントもありますが、この通り簡単に摂取することができるので、基本的には無理にサプリを購入する必要はあまりないと思います。
食事のバランスを取るのが難しい方でしたら、サプリで摂取するのが良いかもしれませんね。
⇒ セロトニンの分泌を目的としたトリプトファンを摂取できるサプリはこちら

 

また、トリプトファンは糖質やビタミンB6と一緒に摂るとより吸収力が上がります。
糖質は普通の炭水化物で十分なので、無理に甘い物を食べる必要はありません。
※ むしろ甘い物の食べ過ぎは気を付けましょう。高血糖になりかねません。

 

さらに、ビタミンB6は鮭などの魚類や脂の少ない鶏の胸肉・ササミに含まれています。
これも意識して食事に取り入れると良いですね。

 

 

 

 

ただし、トリプトファンをサプリで摂取するときは過剰摂取に気を付ける必要があります。
トリプトファンも摂りすぎると副作用が症状として表れる場合があります。

 

トリプトファンの過剰摂取による副作用として代表的なものは以下のようなものがあります。
⇒ 胸やけ、胃痛、吐き気、嘔吐

 

また、抗うつ剤を飲んでいる人や肝硬変患者の方、さらには妊娠中の方もセロトニンの過剰分泌になるためサプリの摂取は避けた方が良さそうです。
そのため、当てはまる方は医師に相談するか、サプリの摂取自体を控えた方が良いです。
⇒ セロトニンの効果・副作用はこちら

 

 

 

トリプトファンは様々な食べ物に含まれています。
バランスの良い食事を心がけていれば、トリプトファン不足になることはあまりありません。
どうしてもバランスの取れた食事をとるのが難しい場合に限り、サプリを活用しましょう。